意外とイケる?社内における異性の年下女性スタッフとの関係

           
  • 2020.05.30 更新2020/06/01
  • 恋愛
意外とイケる?社内における異性の年下女性スタッフとの関係

日頃、仕事をしている人は当然ですが、1日の大半を会社で過ごすことになります。休憩時間を含めて、異性の人との関わりが色々と出てくるものです。もちろん、それは良くも悪くもですが。そうなると、結構意外なタイミングで、ちょっとしたことがきっかけで進展するかもしれないものです。

そんな私自身も社内恋愛結婚

実は社内恋愛を経験しています。1人はあまり長く続きませんでしたが、もちろん直近の人とは結婚に至っております。学生時代は全然モテる方ではありませんでしたが、会社の中にいれば当然、異性との接点が出てきて、ある程度は仲良くなれる人がたくさんいるものです。

もちろん社内恋愛を嫌う人もいますし、あえて好まない人もいるのでしょうが、僕自身は恋愛のきっかけの1つとして全然ありなのかなと思います。

しかし、注意しなければいけないのは周囲のメンバーとの関係性。上手く行って付き合うことになったとしても、周囲に恋愛関係が分かってしまうのはお勧めできません。ひいきしていると言われても困りますし、業務に影響が出てしまっては何ともなりません。最近は、異性に近づくとセクハラなんてことも言われやすい世の中ですから気を付けたいものです。

また、別れた後に職場に居づらくなることがないように円満にお別れしたいものです。

職場恋愛は年の差が案外多いかもしれない

先ほど書いた職場恋愛は2人とも年の差恋愛でした、15歳近くありました。実はそれ以外にも思いを告げられて子が1人。この子も15歳近くありました。そして、体の関係はもちろんありませんが、現在進行形で仲良くしてもらっている子も同じくらいです。

会社だと年上男性が頼りがいがあって良く見えるのかもしれませんね。キラキラ見えているのであれば、それはそれで非常にありがたいものです。僕は全然、ビジュアルは良くないので、思いを告げられてもいまいちピンとくるものが一切ありません。

性格だけで勝負しているのかもしれません。こんなことを書く時点で性格も大したことありませんが。

まとめ:年下女性は焦らず存分に可愛がること

もちろん下心であったり、変な目的があった上での可愛がりは厳禁です。表向きには、みんな平等にとは言っても、こちらもやはり人間。多少なりとも差は出てしまうものですが最小限に抑えておきたいものです。

問題にならない程度に、まずはラインからやり取りしたいものです。

最初は本当に時々の頻度でラインすることからスタートしたいものです。職場での会話を中心に、足らないところを本当に稀にラインで補うというスタンスで十分だと思います。仲良くなれば食事やお出かけに誘ってみてもいいかもしれません。

いろいろ相談をしているうちに友達から少し上の関係に発展できる日も近いと思います。ほっぺたをツンツンしてみて拒絶されなければ、意外といけるかもしれません。

出会いはイククル