ハッピーメールを使って「勝利」を掴むことができる人もいる

           
  • 2020.03.15 更新2020/06/01
  • 浮気
ハッピーメールを使って「勝利」を掴むことができる人もいる

出会い系サイトの王道と言ってもいい「ハッピーメール」。古くからあるメジャーなサイトの1つですが、使ったことのある人しか実際の評価はできません。僕自身は使ったことがありませんが、うちの嫁さんが使って遊んでいたことが発覚したので、やはり出会えて、あわやくば体の関係まで持っていけるという可能性としてはゼロではないと思います。

ネット回遊でよく見かける出会い系サイト

ハッピーメール

ハッピーメール
ハッピーメールより

イメージキャラクターの野呂佳代さんで有名なハッピーメール。見たことがあったり、出てくるバナー広告で間違ってクリックしてしまったという人も多いのかもしれません。実際の稼働数は分かりませんが、「累計」登録者数は2,000万人とかなりの数に上ります。

イククル

イククル
イククルより

イククルは会員登録数が1300万人。ハッピーメールと同じく、かわいらしい女性がトップ画像に出てくるということは、やっぱりサイトの収入源は男性会員なんだろうなと予測が付いてしまいます。

PC MAX

PCMAX
PCMAXより

他にもFacebook内の広告ではOmiai、YYCなどもありますが、基本的にはどこのサイトも同じような内容ではないかと思っています。あとは料金体系の違いと登録者数や実働会員数の違いだけではないでしょうか。

理屈から考えれば、登録者数が多いほど結果の出やすいサイトということになりますので、各サイトがこぞって登録者数の多さをウリに出しているのではないでしょうか。もちろん逆の視点で、不発に終わる可能性も十分高いのですが。

自分の嫁さんがハッピーメールで遊んでいた衝撃

もちろん僕自身に非はあるのかもしれません。彼女にもいろいろ思うところはあるのかもしれませんが、遊んでいたという事実は変わりません。彼女には誠実に接してきたつもりですが、非常にショックで仕事が手に付かなかったり、食欲不振、また眠れないといった精神状況に陥ってしまった時期もあります。

ハッピーメール

彼女よりも僕の方が年上、そして僕は人事の仕事をしているということもあって、たくさんの人間と接してきました。そういった点では、本来あまり好ましくないスキルみたいなものが身についてしまったのかもしれません。

どうせであれば、僕に分からないように嘘をついて欲しかったと彼女を恨んだこともあります。僕自身にも非があるのではないかと自分を責めたこともあります。

lineのやり取り

パートナーがいるのに浮気はやはり「悪」

中には受け入れてくれる懐の深い人もいることでしょう。でもそれは、ひょっとしたら無関心から来るものなのかもしれませんし、逆に自分が他にそういった相手がいるから、相手に言わないだけかもしれません。

二人の考え方やスタンスによって異なるものなので、僕が言うことが絶対的に正しいとは決して思っていません。でも、大多数の人が理解してくれるものだろうと思っています。

二人の関係を壊す前にもう一度、考え直してみてください。

イククルバナー